--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-29(Fri)

psm gamejam winterに参加してきました

初めてgamejam参加しました、いろいろ備忘録
環境とかフレームワークとか、いろいろ全般必要なものは、ほとんどやってもらいました、ごめんなさい。
もうちょっと頑張ろうと思いました。

- 持ち物
usbメモリ、usb hub
開発環境、ノーパソ
イヤホン
スリッパ(別にいらなかったかも)
歯ブラシ
目薬
コンタクト用品
ノート
筆記具
付箋
電源タップ、電源
キーボード、マウス

名刺

携帯充電器

- チーム構成、チームDでした
企画 x 3
プログラム x 2

- バージョン管理
google code(svn)
ediff-revisionがエラーでて、diffがいい感じで見れなったのでちゃんとしとく

- 関連記事
Gamer 一日目
Gamer 二日目
ファミ通.com
ITpro
ookumanekoさん

動画上げてくれたので無断で、実機ではジャイロで動かすゲームです。
曲がやばすぎる。。。完全にNGだよ。


スポンサーサイト
2013-06-04(Tue)

UnityPlayerNativeActivityとUnityPlayerActivity[Unity]

広告表示しているけど、タップしても反応しなくなっていたので、調べました。
Activityあたりになんかあるんだろうなぁと思って、以下の記事を思い出して。
http://radiumsoftware.tumblr.com/post/13288868429

UnityPlayerNativeActivityを立ち上げずに、UnityPlayerActivity を立ち上げるようにAndroidManifest.xmlを書き換えてみました。たしかに私のタップは広告のActivitiyまで届くようになって、遷移できるようになったので、これでいいかなと思いましたが。。。

ゲームを触ってみると、入力の判定がやばい変わっています。
ドラッグの解像度っていうか、ドラッグでオブジェクトを回転できるんですが、その回転量が全然違う。
移動と解像度の比率を設定してあるので、調整すればなんとかなりますが、またこれ入力関連全部調整し直しかーと思うと、わりと2ヶ月くらいblog書けなくなるくらい無理です。
タップ自体の受け付けも漏れるようになってて、これは駄目、レスポンスが悪すぎとなって戻しました。

公式を見ると
UnityPlayerNativeActivityは、UnityPlayerActivityのサブクラスではなく、入力の待ち時間が改善された新しいactivityクラスです。
ただし、Gingerbread(Android 2.3)以降の機能を利用しており、古いデバイスでは動作しません。
またタッチ/モーションのイベントをネイティブコードで処理しており、Javaビューからは通常見ることはできません。
ただし、DalvikVMメカニズムにイベントを転送しアクセスすることができます。この機能を使用するには、次のようにマニフェストファイルを変更する必要があります

やべー公式にちゃんと書いてあるわー、日本語でかいてあるわー
と思って、公式に感謝しながら、unityplayer.ForwardNativeEventsToDalvikをtrueに設定しました。
これで広告もタップできるようになりました。

たまにFB助け合い所で、UnityPlayerActivityで動かせって回答をみますが、それをやると入力のレスポンスが失われるっていうのも把握しとかないとなぁと思いました。
自分は、よっぽどの理由がない限り、UnityPlayerNativeActivityのままでよいと思います。
あと、僕は何故かUnityPlayerActivityの方が、新しいActivityだと思っていましたが、逆ですね、古いActivityです。
2013-04-22(Mon)

UNITE 2013 レポート(4)[Unity]

Tokyo, April 15-16

シリアライズに関して、なんかしっくりいく方法が分からないなぁと思っていたので、自分にとっては有益なセッションでした。
時間の経過や、メモが糞だったりで、まとめれるレベルに達していないのですが、中盤までの内容が、既にBlogに記述されていたので、その部分を見ていきます。
http://blogs.unity3d.com/2012/10/25/unity-serialization/
この後、確かCustomAssetUIなんかの話などが続いていました、
そのうちスライドとプロジェクトが公開されると思うので、その時見直します。

■シリアライズ徹底解説(Day1 - Tim Cooper)
シリアライズ可能なclass、assembly reloadでも生き残る
(play modeの出入りでデータが消えないで欲しい)
assembly reloadがいつ発生するのか
- script recompile
- play modeの出入り
- load and saving
上記の例では、実行してassembly reloadすると設定した値が生き残らない。

シリアライズ可能なクラスは、
[Serializable] がマークアップされたclass、public な class
[SerializeField]は、assemblyのreloadまたは類似のイベントで、このフィールドをシリアル化を試みるべきであるとUntyに伝える
構造体のシリアライゼーションはうまくサポートされていないので、classに変更。以下の変更で、実行停止しても値が残るようになる。

Serialization ルール
- 構造体は不可
- シリアライズしたいClass には [Serializable] を付ける
- Public fields は シリアライズされる
- (edior) などの環境の Private fields は シリアライズされる
- private fields で シリアライズを望む場合、[SerializeField]
- シリアライズを望まない場合、[NonSerialized]

ScriptableObjects
plane classを使用することの問題点は、
referenceでなくvalueでシリアライズされる、参照でも個別にシリアル化されてしまう
以下の例では、m_Class1とm_Class2が別々にシリアライズされ、連動しない。

ScriptableObjectで、参照として正しくシリアライズできる
They(ScriptableObject) are great for general data structure serialization.

NestedClass は今、 ScriptableObject
instanceの生成で、コンストラクタを呼び出す代わりに、CreateInstance<>関数を使用している。
hide flagsも設定、これについては後述

ScriptableObjectの初期化
コンストラクタではなく、OnEnableで行う
OnEnableは、serializationの後で呼ばれる(OnEnable/OnDisable)
ScriptableObjectの正しい初期化の例

HideFlag - visivilityのコントロール
カスタムデータ構造体がシーンに保存されないように設定(HideAndDontSave)

Concrete Arrayのserializationサンプル

一般的な配列のシリアライズ
基底クラスと子クラスのメンバが含まれているリストをシリアル化する例に変更
リロードが完了すると、すべてのインスタンスでChildClass情報は取り除いて、BaseClassになってしまう。

ScriptableObjectを使用すると回避できる

Abstract Classのシリアライズ
このコードは前の例のように動作する。しかし危険です。
MyBaseClassのインスタンスを追加することが可能で、抽象メソッドにアクセスする場合、
その関数のない実装が存在しないため、悪いことが起こるでしょう。
空の virtualメソッドを持ったconcreate classの使用するのがと思います。

以上
2013-04-18(Thu)

UNITE 2013 レポート(3)[Unity]

Tokyo, April 15-16

■Shurikenの事始め + AssetStoreリファレンスガイド(Day2)
shurikenの事始め
・パーティクルの生成
- Shape 発生源の形状
- Emission 発生パターン、量
Shape-Sphereでマイナス方向にして内側に集まるエフェクト
Distance設定で、帯を出す(TrailRendererみたいなのできる)
Renderer strechでビルボードのばせる、カーブ設定できる
・重力や風の影響を設定できる、インタラクティブなeffect
・Sub Emitter、生成、消滅、衝突をトリガーに別のパーティクルを生成
- 床に衝突時に水しぶきのeffect
・Texture Sheet Animation、切り替えアニメーション
・Legacy Particlesのサンプルのテクスチャなんかが使えます

Asset Storeリファレンスガイド
・6000以上のアセットが販売中
・登録数が多いのはモデル系アセット、売り上げが多いのはプログラム系
・日本人でアセット登録している人は10人ほどらしい
・個人での売り上げは5、6万程度
・支払いの受け取りはPayPalがおすすめ
・CARTOON FX Easy Editorで、パーティクルのスケーリング、コピペできる
・Appophisis フラクタル

■ドラッグ&ドロップで、音に合わせたコンテンツ制作(Day2 - 大前さん)
・fuzeって何
インタラクティブアートやる場所
ワークショップでインタラクティブアート作る
- ワークショップの時間短い(2時間)
- プログラミングなしで誰でもできるように

・VjKitを使ってみよう
3つの要素、バンド、モディファイヤ、トリガ
箱を音楽に合わせて動かす
1.vjmanager置く
2.audioplayer置く、audiosource設定
BandLevelでどこの音に反応させるかとか
3.CubeにGameObjectManager properye to Modifyで音に対して動く
LightPropetyでライトをインタラクティブに

mecanimから選択して、アニメーションを設定

https://github.com/unity3d-jp/fuze-vj-kit

creative commonsのどれが設定されているのかよくわからなかったので
プログラムの一部利用なんかのライセンスを確認したら、
Asset storeライセンスにしてもらいました。

以上
2013-04-17(Wed)

UNITE 2013 レポート(2)[Unity]

Tokyo, April 15-16

行ってきたので、まとめれる箇所だけまとめる。資料が公開されたらちゃんと見直しましょう。

■Mecanim徹底解説 & 最新機能アップデート(Day2 - Robert Lanciault)
・turn on spotのblend tree
45度単位のモーションのblendになってる(既に出ているサンプルにあった気がする)
mirror toggleでturnモーションの反対回転はコピーできるようになったよ

unite_20130417_0.jpg

・stateマシンの記録(録画機能みたいな奴)
録画した箇所をフレームbyフレームでステップできる → debugingに有効

・スライディングのモーションを追加し、障害物をくぐれるように設定していく
import時、モーションのレンジも指定できます。
1.アニメーションクリップをcontrollerのウィンドウにドロップして、stateを追加
2.遷移する条件を設定する
paramater:slideフラグ trueで、スライディングに遷移
ExitTimeで、戻る
Previewでblending pivotも確認できる、blendingをpreviwで合わせる
3.スクリプトでslideパラメータをtrueに設定する、
run時、ryacastで壁との距離を調べて、近い場合に設定
4.スライディングするようになったけど、colliderがあるのでくぐれない
モーションにアニメーションカーブを追加して、カーブの値をcolliパラメータに与える
5.スクリプトからcolliパラメータを取得して、0.5以下ならcolliderをdisableにする

・match target
vaultアクションで手の位置をフェンスに合わせる
手を合わせる位置は、スクリプトで計算
animator.MatchTargetで、算出した位置を設定
モーションのどこからどこまでmatch targetするかも指定する

・2D blend tree
speedとdirectionの軸の2次元空間でのblend
Preview上で位置を指定して確認できる

unite_20130417_1.jpg

・mecanimでの複数layer
ダメージを受けた状態のlayerを追加
スクリプトで保持しているwoundの変数で、layerのweightをあげていく

・IK solve
大砲みたいなのを持つlayerを追加
大砲みたいなのの所持でON,OFFのstateを切り替える
OnAnimatorIKでlayer別にIK設定?
body mask設定して、手だけに適応させる

demoプロジェクトは、UnityのAsset Storeに後日出されるそうです。

以上

Advertising


カテゴリ
記事一覧
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Author:tasogare66
ひっそり週末プログラム
@tasogare66

【Androidアプリ】


Wipes Arrow
(スワイプアクション)

review site
Uni本
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。